2018年05月一覧

脱毛サロンを訪れる際に気を付けたいこと

脱毛サロン

脱毛サロンに行く場合、予約時間のどれくらい前に行った方がいいのかということや、持ち物などについてわからないことも多いものです。

たいがいは最初に予約した時点で脱毛サロンに行くにあたっての注意事項をスタッフから聞くことになりますが、それ以外にも注意した方がいいことがいくつかあります。

どれだけ口コミがいいと思って選んだ脱毛サロンでも初回から問題のある行動があれば、状況によっては契約を断られることもあることからトラブルなく脱毛を受けるにあたっては覚えておきたいものです。

予約して遅刻せずに行こう

まず当然のことですが、脱毛サロンは多くの顧客が訪れて施術を受けています。

中には人気があって予約が取りづらいところもあり、カウンセリングで時間を要する初回の予約をする時点でも予約が1か月、あるいは2か月先という可能性もあります。なので初回の予約の日にはできるだけ訪れるようにすべきです。

またよく気になることとして予約時間のどれくらい前に到着していればいいかということですが、脱毛サロンによっては完全予約制でプライバシーを守るために顧客が店内に複数いないように気を付けているところもあります。

また脱毛サロンではその日予約している顧客の数に応じてスタッフを出勤させているのが基本ですが、小規模の脱毛サロンの場合は施術を行うスタッフが受付業務を兼ねていたり、あるいは1人で脱毛サロンを運営していることもあります。

予約の時間に前もって連絡もなく遅刻するのは当然よくないことですが、遅れるのがよくないからといって予約時間より30分近く前に行ってサロン内で待機するというのでは、スタッフが対応できなかったり慌てたりして他の顧客の施術に影響が出てくるなど好ましくない場合があります。

なので初回はもちろん2回目以降もできれば予約の10分前くらいでサロン内に入り、少し待機するという程度にしておくとスタッフも慌てなくて済むものです。

脱毛サロンに行く服装や対応について

また気になるのが脱毛サロンに行く際の服装ですが、脱毛サロンを利用する場合は脱毛する部位に関係なく服を脱いでバスタオルを巻く、もしくは専用の衣類に着替えることもあります。

また下着も自分のものは脱いでサロンにあるディスポーザブルのものに替えなくてはいけないこともあります。つまり脱毛サロンでは全て着替えをすることが前提になるため、着脱の難しい服装は避けるべきです。

特にストッキングやタイツは着脱に時間がかかる上、破損してしまって替えがないと破損した状態のものを着用するかもしくは履かずに帰宅するしかないため、よほど仕事帰りで普段からストッキングを着用しなければいけないような場合を除いては靴下にするか夏場であれば素足で行くなどして着脱しやすい服装を心がけるべきです。

さらに初回のカウンセリングではスタッフが脱毛についての説明をするのに熱心になることもあり、自分の希望や心配されることについて言えないということもあります。

しかし仮に自分が敏感肌で市販の化粧品を使ったらお肌が荒れやすいとか、あるいはアトピーやあせもなどの皮膚疾患がある場合にはそれをきちんと伝えないと施術内容によってはお肌をひどく荒れさせてしまうリスクが上がり、せっかく契約した高額なコースも解約をしなければいけないことになります。

一部の脱毛サロンでは一定期間以内であれば返金保証制度がありますが、そのような制度がないところもあるため、契約の時点で自分の希望や不安なことをしっかり伝えるよう前もってスタッフに伝えたいことをメモに書きだしておくべきです。

そして万が一そのような顧客の希望を聞かずに無理に高額なコースを勧めてくるようなサロンは契約をしないくらいの気持ちで臨むべきです。脱毛は長期間サロンに通って行うものなので、スタッフと良好な関係を築けるために気を付けることは多いのです。

参考:脱毛サロンと医療クリニック、お得なのは?